スマートデバイスで重要ファイルを暗号化、社外で機密情報の漏洩を強力に防止します。

好きな時にどこでも利用できるスマートデバイスは大変便利。しかし、大切な業務用データを持たせるのは漏洩が心配。端末にデータを残さないセキュアブラウザを利用しているが、電波が届かない場所では情報を見ることができず困ることも。Mobile Viewerは大切なファイルを簡単かつ安全にスマートデバイスに取り込んで利用できる大変便利なシステムです。ファイルサーバ上のフォルダに見たいファイルを置くだけで許可されたスマートデバイスだけにファイルが転送されるため、いつでもどこでも機密ファイルの安全な運用が可能です。DataClasysと併用するとPCからスマホまでシームレスにファイルを暗号化・管理できます。

モバイルビューアとは?スマートデバイスへの「配信」と「暗号化」を
実現するシステム

モバイルビューア概要図

■スマートデバイスに機密ファイルを自動配信
Mobile Viewerでは、各ユーザが所属するグループごとにスマートデバイスへ連携するためのフォルダ(以下「連携用フォルダ」と記載)の作成・設定を行い、そこへファイル(暗号化されていないファイル)または当社製品のDataClasysで暗号化されたファイルを保存します。保存されたファイルはオンライン時に同期サーバを介してスマートデバイスへ自動的に配信され、秘密分散法にて分割・暗号化された状態で保存されます。ユーザは所属しているグループのフォルダに保存されているファイルのみを閲覧することが可能になります。

評価版お申し込み お問い合わせ